投資を始めるタイミング【時間と複利を味方につけよう】

スポンサーリンク

今回は投資をはじめるタイミングについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

投資を始めるタイミング【時間と複利を味方につけよう】

投資ってなんか自分には縁遠い話だなーと思っていたり、しなきゃいけないとは思うけどもうちょっと先になってからでいーかなーって思っている人が殆どだと思います。

そう思っているすべての人たちに伝えたいです。

ひろゆき
ひろゆき

今すぐ始めましょう!

その理由は、

投資は早く始めた方が「圧倒的に有利」になるからです。

なぜ早く始めた方が有利なの?

投資を早く始める理由のひとつに早く始めたほうが早くに多くの事を学べる。

という点があります。

しかしこの点は投資に限った事ではなくて、どんな事にでも当てはまる当たり前の事ですよね。

何よりも早くに投資を始めるべきもうひとつの大事な理由は、早く始めて時間を味方につける。という点です。

更に一歩踏み込んで言うなれば複利効果を味方に付けることです。

投資においてはこの複利で運用する事がとても重要になります。

複利効果を味方につける

相対性理論で有名なアインシュタインは「人類最大の発明は複利である。」と言ったほどに複利の思考で資産運用する事は大事です。

ここで簡単に複利運用の説明をしたいと思います。

複利運用とは、

投資に寄って得たリターン(収益)を再び投資に回す行為

を言います。

逆に単利運用とは投資によって得たリターンを投資に使わない運用法ですね。

せっかく投資で利益を得たんだから好きなものを買いたい!って気持ちはわかりますが、それをしていてはなかなか資産は増えません。

では単利運用と複利運用でどれくらいの差がでるのかをちょっと説明したいと思います。

単利運用と複利運用の差

下の図は100万円を年利5%で運用した時の、単利と複利の増え方を表したグラフです。

単利は100万円の5%の5万円が毎年積み重なる計算になります。

一方で複利で運用すると、1年目は同じ105万円ですが、2年目は元金105万円に対する5%が利息になるので110万2500円と、二年目から単利との差が出てくるのがわかりますね。

出典:タマルweb

ここで注意してグラフを見ていただきたい点があります。
それは複利の描くカーブの曲線の形です。
この曲線の形がちょっと曲者なのです。
最初は単利とほとんど重なった状態であまり差が感じられませんね。
そして10年目あたりからようやく差が少しずつ見え始めます。
10年間も我慢してそれだけの差!?
ってなるんです、大抵の人は。
だから入ってくる配当を使わずに我慢してるのがアホらしくなってしまい、使ってしまう事が多くなっていまうのです。
しかし、ここでグッとこらえて複利運用を続けていくと、15年目あたりからその差は一気に開きだしてきます。
そこからは差が開く一方になります。
これが複利の特徴で、長い時間を味方につける程、そのパワーを発揮するのです。
 

時間と複利を味方につければ、誰でも資産を増やすことができる

この様に、時間を味方に付けた複利効果を使って運用を続けていくことが投資には大事な考え方で、30年後、40年後には更に大きなリターンとなってあなたに還ってくるのです。

複利効果を大きくするには時間をかけるしかないので、投資は少しでも早く始めたほうがいい理由がまさにこれですね。

このページをご覧になられたあなたも、まだなら是非明日から投資を始めてください。

金額はいくらから始めてもいいんです。

それこそ100円から始めてもいいのです。

原資は時間をかけて積み立てていけばいいのですから。

スポンサーリンク

まとめ

・投資は時間を味方につけた方が有利。
・投資は複利を味方につけた方が有利。
・結果、投資はすぐに始めたほうが有利。
 

 

ひろゆきが実際に使用している株取引口座はこちら。↓

 

ひろゆきが実際に使用しているFX口座はこちら。↓