2000万?5000万?老後資金はいくらあったら安心なのか

スポンサーリンク

安心して老後を過ごす為には一体いくら必要なのか。

色々な機関や研究所などから様々なデータが出されています。

多いのが「2000万~3000万程度」がひとつの目安となっています。

中には「5000万必要」説などもあります。

なかなか普通の人に5000万の貯蓄は難しいですよね。

では実際問題いくらくらい必要になってくるのかを考えてみましょう。

スポンサーリンク

2000万?5000万?老後資金はいくらあったら安心なのか

総務省が出している「家計調査」によると、世帯主が60歳以上、無職世帯の1ヶ月の支出はおおよそ月額24万円と算出されています。

これは凄く多くもらっている人も含めた上で計算した平均値で、実際にはこれよりも少ない金額で生活している人の方が多数派だと思います。

場所にもよりますが、おそらく月額20万円もあれば夫婦で一ヶ月生活する事はできるかと思います。

それを元に計算してみると、

65才~90才まで生きると仮定して、

20万円☓12ヶ月=240万円(1年の生活費)
240万☓25年=6000万円(老後の生活に必要な資金)

という計算が成り立ちます。

上記から年金で受け取る額を差し引いた分が、最低限老後必要になるおおよその資金だと計算する事ができます。

例えば夫婦で年金の受取額が、

・月額15万円の場合
毎月の不足分5万円☓12ヶ月☓25年=1500万円の不足
・月額10万円の場合
毎月の不足分10万円☓12ヶ月☓25年=3000万円の不足

というように、不足してくる額に大きな差が生じます。

つまりは老後資金に関しては万人に対する答えは無く、あなたが自分自身で将来的に受け取れる年金額を把握し、あなたが一ヶ月に使う生活費と何歳まで生きるかを想定し、そして算出しなければなりません。

当然の事ながら、老後をそこそこ贅沢に過ごしたいと思っているならば、準備に必要な資金も大きくなりますし、質素でも安定して安心して過ごせれば良い、と思っている人であればそれ程多くの資金を準備しなくても良いかもしれません。

スポンサーリンク

食いつぶすだけの老後資金はいくらあっても不安

これは僕のまわりの人々からの声なので、詳しいデータを調べた訳ではないのですが、すごく感じている事があります。

それは一切仕事をせずに、「年金+貯蓄」だけで生活している人の多くがとても不安を感じている事です。

僕から見ると、それだけあれば十分でしょ!って思うような人でも不安感を持っているようです。

このような心理になる理由は、結局「自分がいつまで生きるのかがわからない」事に起因すると思います。

年金のみの生活に頼ってしまうと、どうしても貯蓄が毎月どんどん切り崩される形になってしまいます。

(年金だけで月々の生活を完全に賄えている人ならば別ですが。)

この毎月の貯蓄の目減りがとても不安感を抱かせるようですね。

それとは逆に、貯蓄や年金額が少なくても老後も現役として働いている人は、意外と不安感を持っていない印象を受けます。

これは金額の多い少ないは別として、「現役としての収入を得ている」事からくる安心感なのでしょう。

この様に、老後は「お金がいくらあったら安心できるか」というよりかは、老後に「どのような生活スタイルを維持しているか」の方が重要なのでは無いかとさえ思います。

スポンサーリンク

健康な体づくりを目指しましょう

自分にとってのおおよその老後資金に必要な額が算出されたら、それを元に投資や貯蓄などの具体的な行動をおこす事はもちろんですが、それに加えて健康な身体作りに取り組みましょう。

僕はむしろこちらの方が重要だと思います。

いくら貯蓄があっても病気で予定外の出費が重なれば、計画は一気に崩れてしまいます。

逆に健康な身体さえ維持し続ける事ができれば、いくらでも働いてカバーする事は可能です。

そして健康な身体づくりは日々の食生活や運動などに取り組むだけで、大きなコストもかかりません。

健康な身体は将来のあなたにとってとても大きな財産になるのは間違い無いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

・将来自分が受け取る年金額や月々の生活費を想定して、貯蓄額を自分で決める事が大事。
・ある程度の目標貯蓄額が計算できたら投資や貯蓄で実際の行動に移していく。
・年金だけではいくら貯蓄があっても精神的な不安は拭えない。
・そして何よりも健康な身体づくりに取り組む事が大事。