クレジットカード「Kyash(キャッシュ)」のルールが変わる!【10月1日から】

スポンサーリンク

チャージ方式で使える便利なクレジットカードの「Kyash(キャッシュ)」。

そのルールが10月1日から変わります。

消費税率アップにあわせて始まる、経済産業省が主導する「キャッシュレス・消費者還元事業」にあわせてのルール変更となりました。

具体的にルールがどう変わるのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

クレジットカード「Kyash(キャッシュ)」のルールが変わる!【10月1日から】

これまでのKyashの還元率についてはバーチャルカード(スマホ内カード)、リアルカード(実物カード)共に、利用料金の2%が翌月にキャッシュバックされていました。

それがどう変わるのでしょうか?

スポンサーリンク

Kyashポイント1%の還元に変わる

10月1日より、Kyashポイント制度というものが導入されます。

還元率は1%なので、100円の購入につき1ポイントが付与されます。

これまでのキャッシュバック方法は、ひと月分をまとめて翌月に還元されるという方法でしたが、このポイントは即時に付与されます。

1ポイント=1円として次回の買い物時に使用できるようになります。

これは嬉しいですね。

しかしながらKyashの還元率自体は2%から1%へと半分になってしまったので、このルール変更自体は改悪としか言えないですね。(T_T)

ちなみにこれはリアルカードを使用した時の話です。

バーチャルカードだと更に半分の還元率0.5%となってしまいます。(T_T)

スポンサーリンク

しかしキャッシュレス・消費者還元ポイントが受け取れる!

Kyash単体で見るとルールの改悪変更に見えるのですが、消費税率が変更となる10月1日からは、国が進めるキャッシュレス・消費者還元ポイントを受け取ることができます。

対象期間中に対象加盟店で決済すると、5%または2%のポイント還元が受けられるのです。

Kyashのポイントと合わせると合計で6%、または3%の還元が受けられるようになります。

→キャッシュレス・ポイント還元制度について

スポンサーリンク

更に紐付けカードのポイントも受け取れる!

Kyashのメリットは独自の2%還元に加えて紐付けカードのポイントもゲットできると言う点が大きいです。

これはまだ使えるようなので、還元率が下がるとはいえ、やはりKyashを使うメリットはまだまだ大きいでしょう。

ひろゆき
ひろゆき

僕も今後も使い続けていきます。

スポンサーリンク

Kyashリアルカードを使う時の注意点

Kyashは誰でも簡単に作れてとても便利なカードなのですが、注意点もいくつかあるので書いておきます。

KyashのリアルカードはIC非対応の昔ながらの磁気カードです。

これはどういうことかというと、スキミングのおそれがあるという事ですね。

スキミングとは、カード犯罪で多く使われる手口の一つで、磁気ストライプカードに書き込まれている情報を抜き出し、全く同じ情報を持つクローンカードを複製する犯罪である。

Wikipediaより引用

ですので、リアルカードを使う場合、その店舗が信用のおける店舗かどうかを判断した上で使用する事をおすすめします。

またKyashはこういった被害にあった場合の補償に対応していません。

すべて自己責任となってしまうので注意が必要です。

しかしスマホアプリを使ってすぐにリアルカードの全機能を停止することができるので、不安があったら使用時以外はリアルカードを使えない状態にしておく事で対処は可能です。

(とても面倒にはなりますが。)

スポンサーリンク

Kyashのルール変更まとめ

・10月1日からの消費税率の変更に併せて、今まで2%だった還元率がリアルカード1%、バーチャルカード0.5%に変更。
・今までは月単位の精算でキャッシュバックされていたのが、ポイント制度に変わり即時還元。
・Kyashを使う事で「キャッシュレス・消費者還元ポイント事業」のポイントも受け取れる。
・紐付けしたカードのポイントも今まで通り受け取れる。