副業としてやる民泊は儲かるの?それともオワコンなの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

副業としてやる民泊は儲かるの?それともオワコンなの?

数年前まで誰でも儲けられる副業の筆頭格のように言われた「民泊」。

今でも民泊は儲かるのか?それともオワコンなのか?

現状をお話ししたいと思います。

まず、結論を先に言いますと、

ひろゆき
ひろゆき

副業で始める民泊はほぼオワコンです。

儲からない理由は明確で、すべては2018年6月に施行された「住宅宿泊事業法(民泊新法)」がその理由にあげられます。

誰がやっても儲かっていたのは、まだ法律が制定されていなかったグレーゾーン時代で、且つ「民泊」自体がそんなに日本国内に広まっていなかった2015年まででしたね。

スポンサーリンク

住宅宿泊事業法(民泊新法)とは

住宅宿泊事業法を簡単に言うと、

普通の一軒家やマンションの空き部屋を、旅行者に宿泊施設として貸し出す。

為の法律です。

この法律には「住宅宿泊事業者」「住宅宿泊管理業者」「住宅宿泊仲介業者」の三者が登場するのですが、今回は副業として取り組む人にあたる「住宅宿泊事業者」の点についてのみ話を進めていきたいと思います。

なぜこの法律ができた事で副業としての民泊がオワコンになったのか。

それはこの法律最大のネックである、

営業できる日数が年間で最大180日に制限されていること。
これが全てと言っても過言ではありません。
スポンサーリンク
ここで民泊の儲けのスキームについて説明します。
①民泊を副業として始めようとする人が一軒家やワンルームマンションなどの物件を賃貸で借りる。
②民泊運営代行業者と契約し、その部屋を使って民泊を始める。
民泊の売上ー民泊の運営にかかる費用ー家賃=副業としての儲け
この様な形で副業としての収入を得る仕組みになっています。
民泊運営代行業者の手数料は、売上から20~30%程度が相場となっており、それとは別に一回ゲストが入れ替わるごとに清掃費(ワンルームで約5000円程度~)がかかってきます。
予想できる売上額は場所により異なるのですが、優良物件で一ヶ月フル稼働(仮にゲスト5組)したとして家賃の5倍程度の売上、少し条件の悪い物件ならば家賃の3倍程度売上が上がれば良いところでしょう。
スポンサーリンク
以上を元に計算すると、優良物件の場合だと、
売上50万円ー家賃10万円ー運営代行手数料15万円ー清掃費5万円=手残り20万円
凄いですね!
部屋を賃貸で借りるだけで、後は自分は何もせずとも毎月20万円も手に入ってくるんです。
これは正に不労所得と言えますよね。
少し条件の悪い物件であったとしても、
売上30万円ー家賃10万円ー運営代行手数料9万円ー清掃費5万円=手残り6万円
と毎月6万円の不労所得が得られます。
まぁ実際は稼働率が影響してくるので、上記は最大利益で計算した場合になりますが、それでも桜のシーズンや秋の紅葉シーズンには、実際にそれくらいの収益を見込む事ができていました。
だから民泊の仲介サイトで有名なAirbnbが日本に進出した2013年以降、副業の筆頭格として誰もがこぞって民泊に参入したのです。
そして騒音トラブルやゴミ問題など、色々な問題が表面化した事で、2018年に法律が施行され、無許可の物件は厳しく取り締まられるようになったのですね。
これで一気に民泊はオワコン化してしまいました。
営業日数を180日に制限されてしまうと、上記の計算に当てはめると売上が半分になるので、優良物件ですら赤字が出てしまいます。
これでは民泊をやる意味がなくなりますね。
しかし副業として民泊で儲ける方法は無いのかと言えばそんな事はありません。
条件は厳しいですが、民泊で儲ける事は今でも可能です。
スポンサーリンク

副業としての民泊で儲ける方法

今残されている民泊で儲ける方法は、まず始める前に以下の条件を満たしていないといけません。

①戸建住宅の持ち家で駅近にあり、市の条例が民泊可能エリアであること。
②マンション一棟オーナーで駅近にあり、市の条例が民泊可能エリアであること。

上記のどちらかを満たしている場合は民泊をする事が可能です。

①の場合は戸建住宅内の一部の部屋を民泊として貸し出すことで、月に数万円~十数万円程度の収入を得る事は今でも十分可能です。

しかしゲストと同居するような形になってしまいます。

感覚的には短期のホームステイを次々に受け入れる感じですね。

②の場合はマンションに空き室がある場合、その部屋を民泊として貸し出す事が可能です。

ただ上記どちらについても物件がある市の条例により、他にも追加要件が出てくるので各々調べてから取り組む事が必要です。

スポンサーリンク

ホテルや旅館、ゲストハウスとの違い

ゲストを宿に宿泊させるという行為においては、ホテルや旅館、ゲストハウスと民泊も同じですが、いったい何が違うのでしょうか??

それはホテルや旅館、ゲストハウスなどは「旅館業法」での届け出になるのですね。

旅館業法で届け出をすると通年営業ができるのですが、旅館業法に則った建物要件があったり、設備を準備したりしなければなりません。

これは住宅宿泊事業法よりも建物の構造や設備面に関して、かなり条件が厳しくなります。

つまり普通の一戸建て住宅やマンションの一室では、要件を満たすことがなかなか難しいのです。

それでも戸建住宅の構造を大幅にリフォームして旅館業法の要件を満たすことができれば、今でも副業として収入を得ることは十分可能です。

スポンサーリンク

まとめ

・住宅宿泊事業法が制定された今、副業としての民泊は儲からない。
・その理由は営業日数制限(最大180日)があるから。
・持ち物件の条件によっては今でも民泊で儲けられる。
・確実に儲けたいなら旅館業法での届け出をする。