FXスワップ投資の解説と実践の際の注意点【不労所得】

スポンサーリンク

FXでスワップ投資をしたいんだけど、何に気をつければいいんだろう?
今日はそんな疑問にお答えします。
そもそもスワップ投資とはなんでしょうか?
まずはその解説から。
スポンサーリンク

FXスワップ投資の解説と実践の際の注意点【不労所得】

FXにおけるスワップ投資とは

FXにおけるスワップとは、取引する2国間の通貨の金利差調整額のことを言います。

例えば低金利の日本円と高金利の豪ドルとでは、その通貨を保有している事で得られる金利が異なります。

FXを使って日本円で豪ドルを買った場合、豪ドルの金利ー日本の金利=金利差調整額となり、この差額分を毎日受け取ることができるのです。

この金利差額調整分をスワップと言い、このスワップを得ることを目的にした投資法をスワップ投資と呼びます。

スワップには二種類の受け取り方がある

スワップ投資をした際の、スワップの受け取り方には2種類の方法があります。

これは自分で選択できるものではなく、各FX業者によって取り決めが決まっています。

ポジション反映型

毎日のスワップが保有しているポジションに貯まっていく方式です。

毎日のスワップがそのまま含み損益に反映されます。

口座資産反映型

毎日のスワップが口座資産に反映される方式です。

毎日スワップが口座資産に反映され、ポジション損益には反映されません。

スワップ投資をする際は口座資産反映型をおすすめします

スワップ投資をする際には、上記に種類の口座タイプがありますが、僕は口座資産反映型をおすすめします。

なぜならポジション反映型は、スワップ自体は確かに日々受け取る事はできるのですが、口座資産に反映されない為、貯まったスワップ分だけを出金しようと思ってもそれができません。

出金する為にはいちいちポジションを一旦決済しないといけないからです。

一方で口座資産反映型は、その時の通貨の値を気にせずに、貯まったスワップ分を出金する事が可能です。

ポジション反映型=ポジションを決済しないと出金ができない。
口座反映型=溜まったスワップ分だけをいつでも出金できる。
スポンサーリンク

スワップ投資をする際の注意点

ここからは特に大事な話しになります。

僕の経験則からのスワップ投資をする際の注意点を話します。

この内容は以前にも記事にしていますが、特に大事なのでもう一度記します。

絶対負けたくないならばレバレッジは原則1倍以下

FXと言えばレバレッジ取引が基本で、レバレッジをかけなければFXしてる意味が無い、と思われるかもしれませんが、そんな事はありません。

スワップ投資の考え方は基本的に、銀行窓口で開設する外貨預金と同じと思ってください。

じゃあ銀行で外貨預金口座作っておけばいいんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、銀行とFXとでは手数料が全然違います。

またFXだとポジンションを増やしたり減らしたり、一部出金したりと、自分の思うがままに口座内を触る事ができます。

同じ外貨預金感覚でもFXを使った方が、なにかと有利になる事がわかると思います。

なぜレバレッジをかけてはいけないのか

これは、スワップ投資の特性によります。

スワップ投資をする場合、ポジションを持ち続けなければなりません。

ポジションを持ち続けると言うことは、とんでもない暴落が起こった場合でも、ポジションを持っていなければならないのです。

そして一瞬でも証拠金が不足したら、その時点でロスカットされて、資金の大半を失ってしまう危険性があるのがスワップ投資です。

暴落なんてそうそう起きないから大丈夫!
多くの人はそう思ってスワップ投資を始めます。
そして、スワップ投資を続けて1年…2年…と立つ間に多少の暴落はあるものの、何事もなく、スワップが日々溜まっていきます。
そこで多くの人はこう思います。
レバレッジをかけて運用すれば、もっともっと溜まっていた筈なのに!!
で、少しずつポジション量を増やしていってしまうのです。
ひろゆき
ひろゆき

はい、僕もそうでした!

そして、毎日結構なスワップ差益を受け取る生活に慣れた頃、その日は突然やってきます。
為替の大暴落です。
僕の場合はリーマンショックでした。
リーマンショックは特別暴落幅が大きかったですが、それ以降も数ヶ月から数年置きに必ず暴落は起こっています。
この暴落の波をすべて乗り越えなければならないのがスワップ投資なのです。
だから原則レバレッジは1倍以下での運用となるのです。
仮にレバレッジを1.5倍や2倍程度で運用する場合でも、暴落が起こりそうな際には、レバレッジを1倍以下に下げられるだけの資金を別で準備しておく事をおすすめします。
ちなみにレバレッジ3倍以上ではスワップ投資はまず成立しません。
僕の経験則上いつか必ず破綻します。

少しはレバレッジかけたいんだけど・・・

どうしてもレバレッジをかけて運用したいとお考えの方に、参考になるデータを用意してみました。
主要通貨の2000年以降での最高値・最安値(対円)
・米ドルー最高値135.15円、最安値75.54円
・ユーロー最高値169.93円、最安値88.87円
・豪ドルー107.81円、最安値55.02円
となっています。
いずれも50%近い暴落率で、ロスカットされるかどうかギリギリですね。
じゃあ1.5倍位までならいいのかと言えば、実際その状況になった場合、相当な含み損を抱えており、口座内の資金もかなり減っていて、精神的にとても正常な状態ではいられないと思います。
普段の生活面にも悪影響が出てきてしまいます。
仕事をしていても、FX口座の事が気になって気になって仕事が手につかなくなるでしょう。
その様な状態にならないように、資金にもレバレッジにも余裕を持って、取り組まなければなりません。
スポンサーリンク

ひろゆきのスワップ運用法

僕もいくつかの通貨でスワップ運用はしております。
僕の場合、ひとつの口座で取引する通貨はひとつのペアだけです。
米ドル/日本円でひとつの口座、豪ドル/日本円でひとつの口座、NZドル/日本円でひとつの口座、という風に分けています。
もちろん短期トレード、スイングトレードの口座とも切り離しています。
口座を分ける事で、現在のレバレッジ状況や、その時点での出金可能額などが、簡単に計算できるようになります。
ちなみに全て1倍以下で運用しており、スワップが溜まってレバレッジが0.9倍以下にならないと出金する事すらありません。
ビビり過ぎやろ!!と思われるかもしれませんが、一度痛い経験をしてるので、自分自身に、
調子にのるなよ!(`Д´) ムキー!
と言い聞かせる意味も含めて徹底的にルール化しています。
これくらいにしておけば、投資している事すら忘れていられます。
僕の場合、スワップ投資用の口座を確認したり、ポジション調整したりするのは年末時だけです。
この時だけ確定申告の準備に向けてポジション調整をしたり、余剰金を出金したりし、また一年ほったらかしといった運用方法を取っています。
とにかくスワップ投資=チリツモ投資なので、早く結果を出したい人、投資に回せる資金が少ない人には余り向かないと思いますのでご注意くださいね。

ひろゆきが実際に使用しているFX業者はこちら。↓