万人におすすめするFXの投資手法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

万人におすすめするFXの投資手法

これまでにFXでの自分の失敗談をブログで話しました。

スワップ投資と指標トレードでの失敗談です。↓

他にもFX投資においては成功、失敗体験が多くあるのですが、数々の経験から最終的に僕が判断する、万人におすすめできるFXの投資手法をお話ししたいと思います。

今回は投資手法というか、FXの活用法と思ってもらえれば間違いないです。

そしてこれは短期トレードが得意だ!という人や、スイングトレードが得意だ!というような人向きではなく、あくまで誰にでもおすすめできる手法として読んでくださいね。

スポンサーリンク

FXを使って外貨を保有するという考え方

FXをレバレッジを効かせたトレードの対象としてではなく、通貨分散によるリスク回避を目的にFXを利用するのです。

 

チャートの1時間足を見て「ローソク足がどーたらこーたらだから明日は上げるだろう」とか、「昨日米国でこんな発表があったから今日は米ドルは下がるだろう」とか、そういうのは全て投機の話しですね。

 

ひろゆき
ひろゆき

投資と投機を混同しないようにしましょう!

 

なぜ外貨を持つ必要があるのか

日本人ならば殆どの人が現金と言えば日本円で持っていると思います。

当たり前ですよね、日本国内で使えるお金と言えば日本円なのですから。

しかし考えて見てください。

あなたが普段生活してる中で日々消費しているものは、何処の国で作られていますか?

すべて日本産ですか?

違いますよね。

お肉ならアメリカやオーストラリア、家電製品なら中国・韓国・台湾などのアジア圏の他、ヨーロッパからも輸入されています。

衣類も同様に海外製のものが殆どのように思います。

仮に日本製であったとしても家電ならば中身の半導体、衣類ならば生地自体が外国産であったりと、全てを日本産で完結している商品は殆どないように思います。

つまりは、

国内で普通に生活してるだけでも、知らず知らずのうちに為替レートの影響を受けている。

のですね。

最終的に日本円で支払うのでその感覚はあまりないでしょうが、輸入されたもののすべてが為替レートの影響を受けているのです。

この影響が体感的にわかりやすいのは、「円高還元セール」なんてたまにスーパーなんかでやってますよね。

輸入フルーツが激安で売られていたりなど。

つまりは普段あなたが生活をする中で、自分には関係ないと思っていても関係せざるをえない程、社会全体のグローバル化は進んでいるのです。

この為替レートのリスクを回避するために、現金資産の一部を外貨で持っておく事が望ましいのです。

為替レートリスクの例

例えばアメリカ産のりんごが1個あったとします。

このりんごは米国で1個1ドルの価値があったとします。

為替レートが1ドル=100円の時、このりんごは日本で買うと100円です。

為替レートが1ドル=120円になった時、このりんごを日本で買おうとすると120円出さなくてはなりません。

万が一為替レートが1ドル=1,000円にでもなったら輸入りんご1個買うのに1,000円も支払わなくてはならないのです。
これが為替レートリスクですね。

いろんな国の通貨を持ったほうが良いの?

じゃあ各国との間でそういうリスクがあるのならば、いろんな国の通貨を持つ必要があるのでしょうか?

ひろゆき
ひろゆき

いいえ、必要ありません。

基本的には米ドルだけ持っておけば良いと思います。

その理由は米ドルが基軸通貨だからです。

基軸通貨とは

国際通貨の中で中心、支配的な役割を占め、為替や、国際金融取引で基準として採用されている通貨のこと。時代によって基軸通貨は変化するが、経済的に主導的な立場にある国家の貨幣であることが多い。1920年代まではイギリスのポンドが基軸通貨であった。しかし、アメリカの経済的な台頭に並行して徐々に米ドルの力が強まり、第2次世界大戦後は完全に米ドルが基軸通貨となり、現在に至っている。

コトバンクから引用

まぁ、簡単にいうと他の通貨は日本と米国以外の海外とで取引をする場合、お互いの通貨を一旦米ドルに替えてから取引しましょうね、って事ですね。

各国が米ドルとの為替レート調整を行っていますので、外貨はとりあえずは基軸通貨である米ドルだけを持っておけば良いと言えるかと思います。

どうしても米ドルだけでは不安だと思う人は、次いで流通量の多い欧州のユーロをいくらか持っておけばいいと思います。

スポンサーリンク

ひろゆきの見立て

僕は為替リスクの表面化というのはそうそう直近では起きないと思ってます。

また起きるにしてもいきなりドカーンとくる訳じゃなく、徐々にやってくると思います。

気づいたら以前はあんなに安かったのに今はこんなに高いのか・・・という感じですね。

また将来的に超長期的な円高を予想される方は特に気にしなくてもいいと思います。

なぜなら円高になれば輸入品は安く買えますし、海外旅行にも安くで行けるのですから。

しかし僕は超長期的には円安方向に振れると考えています。

理由はいくつかありますが最大の原因は人口減少からくる国力の低下によるものです。

この辺りはあくまで予想になってくるので投資とは別の話しになります。

皆さん投資といえば将来を予想する事と考えがちですが、実は投資で大事なことは、予想しない事なんですよ。

僕は「先の事なんて予想してもわからないんだから何が起こってもいいように自分の資産に関してあらゆる準備をしておく。というのが投資の本質だと考えてます。

スポンサーリンク

具体的なFXを使った投資手法

では最後に具体的にどういう手法で外貨を持っておけばいいのか。

僕のおすすめ方法としては焦らずに米ドルが安いなと思った所で買える量を買っておく

これだけでいいと思います。

先程も言ったように、為替リスクはすぐに来るようなリスクではないので全然焦る必要はないと思います。

間違っても高レバレッジをかけての長期保有は控えるように気をつけてください。

それからただ外貨を持つだけだったら外貨預金と何が違うの?

と思われるかもしれませんが、銀行を通して外貨を取引すると手数料が割高になってしまいます。

また銀行を通すと、簡単に買ったり売ったりができなくなります。

その点、FX業者で外貨を取引すると、手数料も安くアクティブに売買する事ができるので銀行の外貨預金に比べてメリットが高いです。

スポンサーリンク

まとめ

・トレードではなく為替変動リスクに対応するリスク回避の為にFXを利用する。
・持つべき外貨は基本的には米ドルだけで良い。
・焦らず無理せず安いと思った時に買える分だけ買っておく。