株を買うなら個別株よりもETFがおすすめ【上場投資信託】

スポンサーリンク
投資で良く聞く、ETFってなに?

今回はこの質問に、わかりやすいように回答してみたいと思います。

まず、株式の種類には3つの種類があります。

個別株、投資信託、そしてETFです。

個別株と投資信託の違いや、メリット・デメリットについては、こちらの記事を御覧ください。↓

スポンサーリンク

株を買うなら個別株よりもETFがおすすめ【上場投資信託】

では個別株とも投資信託とも違う、ETFとは何者でしょう?

ETFを詳しく説明

個別株は株式市場に上場され、リアルタイムに投資家たちが売買をする事で、株価が決まっていきます。

そして個別株は文字通り、A社ならA社の株、B社ならB社の株、というように、ひとつの企業の株の事を言います。

一方投資信託は上場されていません。

販売会社が毎日価格を設定し、その価格で売買されます。

また投資信託はひとつの企業ではなく、複数の企業の株を詰め合わせたパッケージ商品になっています。

上記2つの、

個別株の、リアルタイムに投資家が価格を決めて売買できるという部分。
投資信託の、複数企業のパッケージ商品という部分。
を組み合わせていいとこ取りしたのがETF(上場投資信託)です。
ではETFにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

ETFのメリット

・個別株同様に、リアルタイムに株価を見て購入できる。
・自分でポートフォリオを組む必要がない。
・中身は投資信託(複数企業)で入れ替えもあるので、倒産して紙くずになるリスクはほぼ無い。
・一般的な投資信託に比べて信託手数料が低めに設定されている。

 

ETFのデメリット

・分配金の自動再投資ができない。
・リアルタイムに市場で売買されるので、一時的に適正価格から乖離する場合がある。
・1単位の購入単価が投資信託に比べて高い。

上記のような感じになります。

デメリットもいくつかあるにはありますが、ぶっちゃけ無理やり探し出して挙げたって感じで、デメリットと言うほどの事でもない事が多いです。

スポンサーリンク

ETFの購入を強くおすすめします

僕は株式投資をするならば、このETFの購入を強くお勧めします。

ぶっちゃけETF商品を、いくつかのインデックスに分散して購入しておけば、株式に関しては他に何も買わなくていいんじゃないかとすら考えます。

ひろゆき
ひろゆき

僕はETFを株式投資の柱にしています!

このETFを中心に投資をし、個別株では株主優待を楽しんだり、応援企業株を購入したりと、別の楽しみ方で十分だと思います。

株式投資をする際の証券会社についてはこちらの記事をごらんください。↓