企業型DC(企業型確定拠出年金)のメリット・デメリット

スポンサーリンク
スポンサーリンク

企業型DC(企業型確定拠出年金)のメリット・デメリット

税制面で有利になる資産運用の第3弾、企業型DCについて解説していきます。

第一弾はNISAについて。↓

第二弾はIDECOについて。↓

スポンサーリンク

企業型DC(企業型確定拠出年金)とは

企業型DC(企業型確定拠出年金)とは、企業が掛金を毎月積み立て(拠出)し、従業員(加入者)が自ら年金資産の運用を行う制度です。

出典:一般社団法人 投資信託協会

IDECOは個人が自分で口座を開く所から、掛け金を決めたり商品を選択したりと、全てを自分で決めて運用するのに対し、企業型DCは殆どの事を企業が代わりにしてくれます。

あなたがする事は、運用する商品の選択と掛け金の配分のみとなります。

勤め先が企業型DC制度を導入していれば、原則的には自動で加入する事になりますが、企業によっては選択制を導入している企業もあります。

企業型DCは福利厚生のひとつと捉えられています。

企業型DCの掛け金は?

掛け金については各企業ごとに、役職等を考慮して決められるのが一般的です。

しかし、制度上以下の上限が設定されています。

他の企業年金がある場合 月額2万7500円まで
他の企業年金がない場合 月額5万5000円まで

企業型DCのメリット

基本的にはIDECOと同じメリットとデメリットと言えます。

どの銘柄を購入しても、比較的安心して運用する事ができる。

取扱商品は金融庁が厳選した銘柄のみで構成されています。

つまりどの商品を選択しても、ある程度安心して運用する事ができるようになっています。

掛け金が全額「所得控除」対象となり非課税扱いになる。

企業型DCで積み立てた金額はすべて所得控除の対象になるので、非課税扱いになります。

運用した時に出た利益に対して課税されない。

通常の株式運用で利益を得た場合は約20%の税額があるのに対し、企業型DCで利益が出た分については課税されません。

受け取り時にも受け取り方によって税金面で優遇措置がある。

60才になって、年金を受け取る時に、

年金型で受け取る場合は「公的年金等控除」が適用されます。

一時金型で受け取る場合は「退職所得控除」が適用されます。

企業型DCのデメリット

60才になるまで引き出すことができない。

一度掛け金を収めると、原則60歳になるまで掛け金を引き出すことはできません。

一時的に掛け金を停止する事はできますが、解約して返金してもらう事はできなくなります。

この点はIDECOとも共通する最大のデメリットとなります。

早期に退職した場合、掛け金が掛け捨てになる場合がある。

会社のルールによって違うのですが、早期退職(3年未満)に退職すると、掛け金の全額、もしくは一部を企業に返還しなければならない場合があります。

スポンサーリンク

企業型DCに加入している企業を退社した時はどうなるの?

別の企業に転職する際に、確定拠出年金の口座を、次に勤める勤務先の企業へ移管する事ができます。(ポータビリティ制度)

しかし在籍期間が3年未満の場合、持ち運びできない場合があります。

転職先が企業型DCを導入していれば、転職先の企業の口座へ移す事ができます。

転職先が企業型DCを導入していない場合は、IDECOの口座を開設し、そちらへ移す事ができます。

掛け金が掛け捨てになる心配はありません。

スポンサーリンク

退職金との違いは?

どちらも退職金と同じ老後のための資金の積立になるのですが、両者には性質の違いがあります。

企業型DC
掛け金:会社か自分、または共同で積み立てる。
受け取れる金額:運用次第で変動する。
転職時:口座を移管する事ができる。
会社倒産時:社外積立なので全額保全される。
退職金
掛け金:会社が準備する。
受け取れる金額:各会社の規定で決まった金額。
転職時:年齢や勤続年数等会社の規定により決まる。
会社倒産時:社内で積み立てられている場合は最悪受け取る事ができない。
最近では退職金制度自体を廃止して、企業型DCに切り替えている企業も増えてきています。
企業型DCの場合、60才になるまでの途中で退職しても、その時点で受け取る事ができないので、その辺りをしっかり把握して計画を立てる事が重要です。
スポンサーリンク

入ったほうが良い人、入らないほうが良い人

企業が企業型DCへの加入を選択制にしている場合、入ったほうが良いのかどうなのか迷いますよね?

そこで入ったほうが良いケースと、入らないほうが良いケースをアドバイス。

入った方が良い人
その会社に骨を埋める覚悟がある人。
入らない方が良い人
上記以外の人。
3年未満で退職した場合、それまでの掛け金が掛け捨てになってしまう可能性がある事や、転職時に移管手続きが必要になる手間などを考えると、僕はこれからますます個人の時代になっていく中、企業に頼る運用方法はあまりお勧めしません。
ひろゆき
ひろゆき

あくまで僕の意見ですので。